同人誌即売会のサークル参加は、頒布物(同人誌、CD、ゲームなど自作頒布物)の用意が必須であるわけですが…
頒布物以外にも、あるといいものがいろいろあります。

サークル参加の机上は「長机(奥行45×横幅180)」の半分を1spとして与えられることが多いです。
なので1sp「奥行45×横幅90」が基本だと思ってください。
(まれに奥行90の机もあります)

この「1spの上に本だけ」という頒布スタイルでもおかしくはないのですが、「華やかに」「可愛く」「見栄え良く」「目立つように」「手に取りやすいように」「見やすく」など、各自の目的で机上を飾るサークルさんは多いです。

【要点まとめ】サークルスペースレイアウト基本のキ - hondel 創作活動応援ショップ
https://hondel.jp/?mode=f5


現地に着いてから机上を飾る道具を買い足すことはできなくはないと思いますが難しいと思うので、事前に準備をしませんか。

初めてのサークル参加に必要な文房具

本当に初めてのサークル参加ならこのスターター買うのが一番手間がないと思います。
  ↓

初めての設営に、サークル参加スターターセット【hondel】
https://hondel.jp/?pid=132802050



即売会1spの横幅に合わせて切られている敷布(サークル布)、値札立て、コインケース、筆記用具、マスキングテープ、自分の首にかける名札、カッター、これらを収容する袋、と至れり尽くせりの内容です。

「今回が初めてのサークル参加」かつ「今後もサークル参加していく」のであれば、あって損のない内容です。
もちろん自分でこれに準じた内容を購入して「即売会サークル参加セット袋」としておくのでも大丈夫です。

敷き布(サークル布)は必須なの?

必須ではありませんが、あると
●隣のスペースとの境が分かりやすくなります。
●机に見えない糊残りがあった場合に、頒布物を汚れから守ることができます。
などの物理的メリットがあります。

他にあるといい道具は?

■コンビニ袋
ゴミ袋として活用できます。

■A4ハードケース
購入した同人誌を保護できます。

■B5以上のスケッチブック
自分で絵をその場で描く予定がない人でも、万一のために持っていると便利です。
伝言をしたいとか、急遽宣伝文を書きたくなった時に活用できます。

■名刺サイズの白紙
現場で急遽値札を書き足したくなった時に活用できます。

■テーブルクロス留め 小4本 大4本
ずれ防止になります。
机の厚みによって使えるテーブルクロス留めが異なるので、小と大を用意しておくと便利です。

■メジャー
「敷き布を床上から何cmまで垂らしていいか」「頭上何cmまでポスタースタンドを掲げていいか」など、高さに関するルールは即売会や会場によって異なります。
自分のスペースの横幅を間違えないように測るのにも役立ちます。

■ガムテープ・養生テープ
箱を持ち込む人は必須かと思います。

■ティッシュ・ウェットティッシュ
自分のスペースに到着したら、まず机をウェットティッシュで清掃しましょう。
自分が退場する時にも拭いておくといいです。

■本やスマホを立てられるスタンド 1個
1個だけでもあると「これだけは立てかけて目立つように宣伝したい!」というものがある時に役立ちます。





コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

Kisekae Tips 1001
ぽち公先生作のFlashゲーム「みんなの着せ替え!」のいちファンです。

ここは「みんなの着せ替え」をプレイして分かったことを、いちファンが書き連ねる攻略blogです。

→このblogについて 詳細
Author: 1001

twitter (@kisekae1001)
booth
pixiv
partslist1001
sumabi1001
記事検索
カテゴリー
最新コメント
taka先輩のblogを宣伝

チラシの裏な着せ替え・創作スクラップ置き場 (taka先輩のblog)


「ロボものっぽいスーツ」を公開してくださっているtaka先輩がblogを開始!
(自分が使ってるサイバー風スーツはtaka先輩のスーツを元にアレンジしています)

taka先輩のblogでは新作スーツのコードも発表されています!ぜひ
booth
booth

着せ替えで作った画像をpixiv factoryにアップして、自キャラのアクリルキーホルダーを作る方法の製作方法や手順を公開しています。

boothを経由して完成品をお届けすることもできます。